ゼロハリバートン・アタッシュケースの2つの材質

伝統のアルミと、革新のポリカーボネート

ゼロハリのアタッシュケースには、二種類の材質があります
オリジナルのアルミ製 と、最近よく目に付くポリカーボネート製

このページでは、2つの材質について比較したいと思います

 

それぞれの特徴を簡単に・・・

アルミのアタッシュケースの特徴

長所
・ 不必要なほど頑丈
・ 質感がいい
・ 見た目がかっこいい(主観アリ)
・ 凹んでも、傷がついても、それがバッグの良さになる
・ ゼロハリと言えばアルミでしょう

短所
・ 重い
・ 価格が高い


ポリカーボネートのアタッシュケースの特徴

長所
・ 軽い
・ そこそこ丈夫
・ 触らなければ金属と見分けがつかない
・ 価格が安い

短所
・ 触るとプラスチックだとバレる
・ ホコリがつきやすい
・ 凹みやすい

触ってみると差は歴然ですが、
遠目で見ると、どちらも質感は◎

なんと言ってもポリカーボネートの良さは軽さです

でも実は・・・ 
ちょっと持った感じはあんまり変わらない

ただし、長時間持ち歩くと、この差は大きくなります

内装はやはりアルミに軍配
Pシリーズ、Eシリーズは総革張りです

とは言え、ポリカーボネートの布張りも、
これはこれで悪くない

 

と言うわけで、どちらを選ぶかもなかなか難しいところですが・・・

やはりゼロハリと言えばアルミ!

 

と、個人的な主観で、言わせていただきます
(決して高いからではありません)

 

 

と言いつつも、ポリカーボネートも・・・

じゃあ、ポリカーボネートのゼロハリはダメなのか?って聞かれると、
決してそんなことは無いと思います

むしろ、ポリカーボネートの素材で、ここまでのクオリティを出せるのは、
さすがはゼロハリバートンだと思います

 

アタッシュケース選びは、それぞれの使用用途や、ライフスタイルによって変わりますので、
あなたの最適なアタッシュケースを見つけてくださいね

 

 

 

ゼロハリバートン ZeroAirシリーズ

>>その他のスーツケース一覧はこちら

ゼロハリバートン Pシリーズ

>>その他のアタッシュケース一覧はこちら

 

 

ゼロハリバートンについて

 




 

アタッシュケース

ゼロハリバートン アタッシュケース

 

ゼロハリバートン Pシリーズ

 

ゼロハリバートン Eシリーズ

 

ゼロハリバートン ZR-GEO

 

ゼロハリバートン スリムライン

 

ゼロハリバートン ZRA

 

ゼロハリバートン ZW

 

ゼロハリバートン アタッシュケース カーボン

 

ゼロハリバートン アタッシュケース カメラケース


スーツケース

ゼロハリバートン スーツケース

 

ゼロハリバートン ゼロエアー

 

ゼロハリバートン スーツケース ZR-GEO

 

ゼロハリバートン Zerowhirl

 

ゼロハリバートン ZRP-F

 

ゼロハリバートン ZRP-G

 

 

ゼロハリについて


※参考(旧モデル用のコンテンツ)

 

当店について